トップページ > エアリアルヨガとは?

エアリアルヨガとは?

天井から吊るした布に、少しづつ体を預けながらヨガのポーズを取り入れていきます。
布は薄くシルクまたはティシューと名付けられるほど肌触りが良い柔らかさで、広げるとハンモックにように伸ばした手足がすっぽりと覆われ、寝転がるととても気持ちが良いです。

ビーチで見るような横から吊るすハンモックの形と違って、上から吊るすので、ロープやブランコのように体を預けたり、形を変え様々なポーズができ、重力が均等に下に働く力と上に引き上がる布のサポートで、身体の歪みを矯正する効果と無駄な力が抜けリラックスする効果があります。

エアリアルヨガのポーズ例

体重、重力、布のサポートを利用することで、

・正しい姿勢を自分自身で作ることが出来ます。
・初心者でも、関節や背骨に、余計な緊張や力をかけません。
・余計な力を使わないことで、体幹を鍛えられます。
・リラックスし、深い呼吸に集中できます。
・普段はできない逆立ちなどの逆転ポーズも楽にでき、
 首・背骨の詰まりを予防・改善します。


エアリアルヨガジャパンのレッスンは初心者から上級者まで、様々なレベルの方が楽しめるプログラムです。
『体が硬いから無理』『以前ヨガをやってみたが、挫折した』など、初心者の方でもヨガの恩恵が受けられます。
また、上級者の方でもエアリアルヨガを通して、一人ではなかなか克服できなかったことが実現できるようになります。
身体が調ってくると、重力に体を預けて伸びる気持ち良さだけでなく、手足で大地を押して自分自身で伸ばす気持ち良さも体感できます。
レッスンは3名までの少人数制で丁寧に指導します。

line

谷口美里
は、エアリアルヨガの創始者、ミシェル・ドーティニャックの本拠地ニューヨークで初開催された2009年第一期トレーニングで、日本人初のエアリアルヨガインストラクターとなりました。ミシェルと共に2013年より日本でのエアリアルヨガ普及のため指導者養成に携わっています。(トレーニングの情報はこちらから☆

ミシェル先生

<エアリアルヨガ創始者>
Michelle Dortignac ミシェル・ドーティニャック


ウーナタエアリアルヨガ主催
http://www.aerialyoga.com/


エアリアルヨガは生まれたのは、ニューヨークOMヨガスタジオで長年、ヨガ講師を務め、ダンサーとしても活躍しているミシェルが、エアリアルダンスに出会ったことがきっかけでした。
ミシェルのアイディアは先生のスタジオ以外でもハンモックヨガ、フライングヨガ、アンチグラビティーヨガ(反重力ヨガ)、エアリアルストレッチ、空中ヨガなどの名前がつけられ世界中に広がりました。

NYでミシェルがエアリアルヨガを始めた2006年当初、アメリカで加入できる保険はエアリアルアクロバット、エアリアルバレエなどと同じ高額な保険に分類されていましたが、2011年からウーナタエアリアルヨガは、ヨガと認識され、"ヨガ、マッサージ、エステ"と同じカテゴリーになりました。ミシェルは講師養成トレーニングで世界中で指導を続ける他、2013年からはNYの, Sacred Sound Yogaスタジオで全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)のトレーニングのプログラムに認定され、RYT500h のティーチャートレーニングの中でもウーナタエアリアルヨガを指導しています。

ミシェルのエアリアルヨガについて、より詳しい内容を知りたい方は、スペインのヨガ&アーユルヴェーダマガジンでのインタビュー記事を翻訳しましたので、こちらをご覧下さい。

facebookバナー
エアリアルヨガ・ブログ 空中散歩
Hugger MuggerヨガプロダクトSWAMI friends 谷口 美里
メディア情報
レッスンのご予約・各種お問い合わせ
Unnata Aerial Yoga
ヨガ&アーユルヴェーダマガジンでウーナタエアリアルヨガが特集されました!
 スタジオのご案内
 <東京 自由が丘・奥沢エリア>
プライベートスタジオ所在地の詳細はレッスンご予約後にご案内させていただきます。

 

ページの先頭へ